日本医療マネジメント学会 第16回大分県支部学術集会

ごあいさつ

日本医療マネジメント学会
第18回大分県支部学術集会
会長 後藤 一也
(独立行政法人国立病院機構 西別府病院院長)

この度、日本医療マネジメント学会第18回大分県支部学術集会を平成30年2月17日(土)に別府市ビーコンプラザにて開催させていただくことになりました。
 医療を取り巻く環境は大きく変わり、そして厳しさを増すばかりです。医療政策の柱として地域医療構想の推進、地域包括ケアシステムの構築が示され、機能分化と連携の推進により適切な入院医療の実現が地域や医療施設に求められております。言い換えれば、各医療施設は地域連携を念頭におき、施設に求められる医療の質の向上を職員全体で目指さなければなりません。
 そのため今回の学術集会のテーマを「チーム医療を通した医療の質の向上」 と致しました。特別講演として埼玉医科大学国際医療センター院長 小山 勇先生から「職員全員で取り組む医療安全と質の向上」をお話しいただきます。その他、シンポジウム「多職種連携による在宅医療の推進」、教育講演「摂食嚥下リハビリテーションについてチームとしての関わり」などを企画しました。ランチョンセミナーとして「ローソンのお客様サービスの取り組み」を紹介してもらいます。なお、一般発表につきましては、「チーム医療・医療の質の向上」関連演題を中心に口演発表のみとしますが、各施設の取り組みをご紹介頂ければと思います。今回も前回と同様にベスト口演賞を設けておりまので、別紙演題募集要項をご参照され奮ってご応募ください。
会場は別府市ビーコンプラザで、学会、研修等で皆様にもお馴染みの場所だと思います。多くの方々のご参加をお待ちしております。

運営事務局

独立行政法人 国立病院機構
西別府病院
〒874-0840 
大分県別府市大字鶴見4548番地
TEL.0977-24-1221 
FAX.0977-26-1163
E-mail 
keieikikaku2@nishibeppu-hp.hosp.go.jp